京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 公務執行妨害

公務執行妨害

公務執行妨害をして逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。早期釈放や前科をつけないで解決するための弁護プランをご案内します。

公務執行妨害罪とは

公務執行妨害罪とは、公務員の職務を、暴行などを用いて妨害することによる犯罪行為のことです。たとえば、職務質問などにより、警察から話しを聞かれているときに、警察を殴った場合などがその例です。

公務執行妨害罪が成立すると、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金が科せられる。

公務執行妨害罪 3年以下の懲役または
50万円以下の罰金

逮捕されてしまったら

警察と揉めてしまって、誤って暴行を加えて逮捕されてしまっても、必ずしも刑務所に入る必要はありません

検察の判断で不起訴処分とされれば、前科はつきませんし、刑務所に入る必要もなくなります。

しかし、そのためには、適切な弁護活動をする必要があります。具体的には、私人が相手ではありませんので、示談はできませんから、反省の念を警察に十分に示すことが必要となってきます。文章を書いて、提出することも考えられます。

逆に、無罪を主張することを選択されるのならば、被疑者が公務を妨害した事実を争う証拠を集めることが必要になります。

実務的にも、ちょっとした暴行をもって、公務執行妨害罪で逮捕されるケースが多いため、客観的な事実をしっかりとおさえる必要があります。

長期の身柄拘束を避けるために

逮捕後に勾留決定が下されれば、10日間の身柄拘束がなされます。勾留は比較的長期の身柄拘束となりますので、これを避ける必要があります。

弁護士の適切な弁護活動により、被疑者にとって有利となる証拠を集めて、検察官にそれを訴えかけることにより、勾留を回避することができます。

身柄拘束を受けながら取調べを受けるのと、在宅で呼出しに応じて取調べを受けるのとでは、被疑者の精神的な状況に明らかな差がありますので、なるべく勾留を避けることが大切です。

前科をつけないためには

検察官が起訴処分をすると、裁判がひらかれることになり、被告人は無罪を勝ち取らなければ前科がつくことになってしまいます。

そこで、検察官が起訴処分を決める前に素早く不起訴処分を獲得するためにも、被疑者にとって有利となる証拠を弁護士が集めることが大切となってきます。

不起訴処分となれば、前科がつくこともありませんし、刑務所に入る必要もなくなります。被疑者にとっては、不起訴処分を目指すことが前科を回避するための一番の近道となります。

起訴されてしまったら

たとえ、起訴されてしまっても、執行猶予を獲得すれば、刑務所に入らなくて済みます。

執行猶予を獲得するためには、被告人にとって有利な証拠を、弁護活動を通して集めて行く必要があります。

公務執行妨害罪は、公務を妨げた点にその処罰根拠があるため、国に対して、積極的に被告人の反省の念を伝える努力をていく必要があります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。