京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 公然わいせつ

公然わいせつ

公然わいせつをして逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。被害者との示談や不起訴処分となるための弁護プランをご案内します。

公然わいせつの刑の重さは?

公然わいせつとは、不特定多数の人の目に触れるような場所で公然とわいせつな行為をすることを指しています。

公然わいせつ罪の刑罰は刑法174条にあるように、以下の4つのうちのいずれかになります。

6か月以下の懲役

30万円以下の罰金

③ 拘留

④ 科料

上記からわかるように、公然わいせつの量刑は、比較的軽微ではあるものの非常に幅が広いのが特徴です。

公然わいせつ事件で示談をするメリットは?

公然わいせつ事件の起訴率は約70%となっていますが、初犯者の場合、示談成立によって不起訴処分もしくは執行猶予がつく場合が多くなっています。

たとえば、路上で通行人に性器を露出したとすると、その通行人が事実上の被害者となります。検察官は、事件を起訴するにあたり、示談の成否を非常に重視しているため、被害者との間で示談が成立すれば不起訴になる可能性が高まります。

その一方で、公然わいせつの保護法益は、健全な性秩序や性的風俗という社会的なものです。そのため、被害者(目撃者)と示談をしたからといって、社会的な被害が回復したとは言い切れない点も指摘されています。

また、公然わいせつにおいて有利な情状の代表例としては、監督能力のある者による監督が挙げられます。これにより、再犯の可能性が低いことをアピールできるからです。

また、同罪で前科がある場合には、専門機関でカウンセリングを受ける等の手段も有効になってくるでしょう。

公然わいせつ事件で逮捕されたら、いつ釈放される?

もし公然わいせつ事件で逮捕されたとしたら、検察に送致されず3日以内に釈放されたケースは約13%、送致されても勾留が却下されたケースは送致された件数の内約5%、10日を超えて勾留延長請求が却下されたケースは勾留決定の件数の内約45%となっています。

公然わいせつで逮捕された場合
検察へ身柄送致
約83%
送致せず釈放
約13%
検察で勾留決定
約82%
その他 勾留却下
約5%
勾留延長
約55%
勾留延長なし
約45%

逮捕後は勾留阻止、勾留後は勾留取消、起訴後は保釈請求をして釈放される流れが一般的です。
事案によっても異なってきますが、一度勾留が決定されると、その勾留を取り消すのは困難なことが多いでしょう。

そのため、一刻も早く弁護士をつけることが早期釈放の近道になってきます。

公然わいせつで逮捕されたら会社を解雇される?

もし事件を起こしてしまった場合、会社にバレたくないと願うのは、人の心理として当然です。

では、会社を解雇されないためにはどうすれば良いのでしょう?

会社をクビになる可能性
懲役刑 刑事裁判で懲役刑⇒可能性大
罰金刑 略式裁判で罰金刑⇒可能性中
不起訴処分 不起訴処分で終結⇒可能性小

会社を解雇されないためには、事件をなるべく軽い処分で収束させることが重要になってきます。

不起訴処分になれば、会社をクビにされないだけでなく、前科もつかないので、これまで通りの生活が送れます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。