京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 強制わいせつ

強制わいせつ

強制わいせつをして逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。被害者との示談や前科を付けないで解決する弁護プランをご案内します。

強制わいせつの刑の重さは?

強制わいせつは、刑法176条により、6か月以上10年以下の懲役が科せられます。罰金がないため、起訴された場合は必ず公開の法廷で審理されます。

強制わいせつ 6か月以上10年以下の懲役

強制わいせつ事件で逮捕されたら、いつ釈放される?

強制わいせつ事件は、罰金刑がなく、起訴されれば懲役刑になるため、逮捕される可能性が高い犯罪です。そのため、勾留期間が長くなることがあります。

弁護士の活動により証拠隠滅のおそれや逃亡のおそれがないことが証明されれば、長期の勾留決定がされず、直ちに釈放されるケースもあります。

また、起訴された後でも、起訴後に保釈の請求をし、決定がされれば、直ちに留置場から釈放されることがあります。

強制わいせつ事件で示談をするメリットは?

強制わいせつ罪は、被害者の告訴がなければ起訴できない犯罪です。そのため、被害者と示談を締結し、告訴を取り消してもらえれば、事件は不起訴処分で終了し、前科が付くことはありません

起訴された後は、高い確率で前科が付きますが、示談が成立すれば、執行猶予の判決を得ることができる可能性が高まります。執行猶予が付けば、刑務所に入ることなく、これまで通り普通に日常生活を送ることができます。

起訴前に示談成立 告訴を取り消ししてもらい、不起訴になれば、前科が付かない
起訴後に示談成立 執行猶予の判決を得ることができる可能性が高くなる

強制わいせつ事件を弁護士に依頼するメリットは?

強制わいせつ事件では、起訴前に被害者と示談を締結し、告訴を取り下げてもらうことが大切になります。逮捕されている場合は、最長23日以内に被害者と示談を締結させなければなりません。

わいせつ事件の場合、被害者は、加害者本人やそのご家族とは会いたくないということが多いですが、第三者の弁護士であれば、会って話をしてくれる被害者も多くいます。

また、加害者やその家族は、ほとんどの場合は被害者の連絡先を教えてもらえません。弁護士であれば、捜査機関から被害者の情報を教えてもらえるケースが多くあります。

強制わいせつでは、起訴前と起訴後で示談の重みが違ってきます。強制わいせつ事件に詳しく、示談のノウハウがある弁護士に依頼することで、示談金額や示談条件など、適切な内容でスピーディーに示談締結が可能になり、その結果不起訴処分を得られる可能性が高まります。そのため、出来るだけ早く弁護士に相談することが前科を付けず、これまで通りの生活をしていくために重要になってきます。

示談交渉 不起訴処分
弁護士あり 適切かつスピーディーに締結 不起訴処分を獲得し前科がつかないよう働きかけ
弁護士なし 自分で行う 自分で働きかけ
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。