京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 地図・アクセス~北千住支部

地図・アクセス~北千住支部

アトム法律事務所北千住支部への所要時間


所在地

〒120-0034
東京都足立区千住2-22 SKビル3階

アトム法律事務所北千住支部
アトム法律事務所北千住支部最寄り駅
アトム法律事務所北千住支部

アクセス

公共交通機関をご利用の方

JR常磐線・つくばエクスプレス
北千住駅北改札を出て左折し、西口に出る。マルイを右手に見ながら地上2階の歩行者デッキを直進し、大型ビジョンの手前のエスカレーターを下りたら、JTBの入ったビルを右手に見てアーケードの下を直進する。一つ目の横断歩道を渡り、二つ目の信号歩道の手前の白い壁面のビルの3階。

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)・東京メトロ日比谷線
北千住駅中央改札を出て左折し、西口に出る。マルイを右手に見ながら地上2階の歩行者デッキを直進し、大型ビジョンの手前のエスカレーターを下りたら、JTBの入ったビルを右手に見てアーケードの下を直進する。一つ目の横断歩道を渡り、二つ目の信号歩道の手前の白い壁面のビルの3階。

東京メトロ千代田線
2番出口を出てすぐのところにあるバス停と歩行者デッキに上がるエスカレーターを右手に見ながら道なりに進む。デニーズを左手に見ながら直進し、最初の横断歩道を渡り、すぐに右折して横断歩道をJTB側に渡る。渡った直後に左折し、JTBの入ったビルを右手に見ながら、アーケードの下を直進する。一つ目の横断歩道を渡り、二つ目の信号歩道の手前の白い壁面のビルの3階。

お車でお越しの方

カーナビで「北千住駅」(西口)と入力してお越しください。
日光街道(国道4号)を直進し、「北千住駅入口」の交差点を、埼玉方面からお越しの来た場合は左折、東京方面からお越しの場合は右折し、商店街の方向に向かう。北千住駅ロータリー手前の「北千住駅西口」交差点を左折し、左手のコインパーキング(タイムズ)をご利用ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。