京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
京都の刑事事件ならATOM
  • HOME »
  • 地図・アクセス~神戸支部

地図・アクセス~神戸支部

所在地

兵庫県神戸市中央区磯上通6-1-14 ベルシア神戸三宮9階

アトム法律事務所神戸支部 アトム法律事務所神戸支部最寄り駅
アトム法律事務所神戸支部

アクセス

公共交通機関をご利用の方

JR神戸線

三ノ宮駅の東口改札を出て右折。タクシーが停まるロータリーに出たら左折し、ミント神戸の手前を右折。大通りに突き当たる角で左折。三宮東歩道橋の下を通り、電車の高架下の横断歩道を渡り右折し、横断歩道を渡る。阿波銀行を左手に、高架を右手に見ながら直進。2つめの信号の横断歩道を渡った先の角にある壁面が薄茶色のビル9階(1階が補聴器店)。

阪神本線

神戸三宮駅の東口改札を出て左側の『中央消防署』方面の階段を上り、前方の横断歩道を渡り右折。阿波銀行を左手に、電車の高架を右手に見ながら直進。2つめの信号の横断歩道を渡った先の角にある壁面が薄茶色のビル9階(1階が補聴器店)。

阪急神戸線・神戸高速鉄道

神戸三宮駅の東改札口を出て右折。阪急ビルを出たら、マルイ(1階がファミリーマート)を見つけ、マルイに向かう横断歩道を渡る。マルイを右手に、そごうを左手に見ながら直進。1つめの信号で左折し、横断歩道を渡る。神戸国際会館を左手に見ながら直進。2つめの信号がある高架下の横断歩道を渡り右折。横断歩道を渡った先の角にある壁面が薄茶色のビル9階(1階が補聴器店)。

地下鉄海岸線

三宮・花時計前駅の出口3の階段を上り、正面に電車の高架を見ながら直進。1つめの信号がある高架下の横断歩道を渡り右折。横断歩道を渡った先の角にある壁面が薄茶色のビル9階(1階が補聴器店)。

神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)

貿易センター駅の出入り口2の階段を降り、ポートアイランド線の高架を左手に見ながら直進。右手4つめの角の手前にある壁面が薄茶色のビル9階(1階が補聴器店)。

お車でお越しの方

カーナビで「磯上公園」と入力してお越し下さい。
近くのコインパーキングをご案内いたします。0120-631-276まで事前にご一報ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017