京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
京都の刑事事件ならATOM
  • HOME »
  • 面会や差し入れをしたい

面会や差し入れをしたい

一般の方と違い弁護士なら制限なく接見を行うことができます。面会は精神的な補助のみならず、今後の捜査にも影響のある大切な活動であり、アトムの初回接見制度が役立ちます。

被疑者・被告人のご家族やご友人による接見

接見とは、留置所や拘置所の面会室で被疑者・被告人と面会することをいい、各種の手紙や書類を差し入れることも可能です。

もっとも、法律上はご家族やご友人等一般の方に接見の権利が認められているのは被告人に対してのみであり、逮捕中で起訴されていない被疑者に対しては認められていません

被告人との接見も平日9時~17時に1回15分間程度で1日3組までの制限があり、裁判所から面会禁止の処分が下されれば、一切禁止されてしまいます。

また、一般の方による面会は面会室に警察官が立ち会い、会話の内容が記録されます。

弁護士による接見

これに対して、弁護士による接見には様々なメリットがあります。

まず、弁護士は土日祝日、深夜早朝にも面会可能で、時間や回数制限がありません

また、法律の定めにより弁護士による接見には警察官が立ち会うことがないため、被疑者・被告人は気兼ねなく事件について弁護士に話したり、相談することができます。

弁護士との自由な面会は憲法上被疑者・被告人に保障されている強い権利なので、裁判所による面会禁止処分が下されても、接見を制限されることはありません

アトムの初回接見制度

アトムではスピードを重視して、契約締結前でも刑事事件に精通した弁護士が留置所まで出張して被疑者本人と面会し、事件に関する法律相談を行うサービスがあります。

初回接見制度は24時間365日、日本全国どこでも専属スタッフが直接対応します。このため夜間の緊急逮捕にも即座に対応することができ、また、ご依頼をいただいてから最短で30分で警察署に到着して面会することが可能です。

弁護士費用は1回限りの出張日当と交通費のみで、着手金は不要です。費用の算出についてはヤフー路線検索に基づく全国統一の明確な料金体系を採用しておりますので、金銭面に不安がある場合にも安心です。

接見後のご依頼を受けたご家族との直接のコミュニケーションや事後報告も欠かさず、ご家族を徹底的にサポートして安心確保に努めます。

早期接見の重要性

逮捕されて留置所・拘置所に入れられてしまった被疑者の方は大変心細い思いをし、精神的にも追い詰められてしまい、その結果自らの正当な法的権利を主張することなく、捜査機関側の言いなりとなって罪を認めてしまうことがあります。

そのため、できる限り早い段階から経験豊富で迅速な対応ができる弁護士が接見して、その精神的な支えになるとともに、法的アドバイスをすることが重要です。

接見は今後の捜査や対応に影響を及ぼす極めて大切な活動なのです。

制限 立ち会い
弁護士の場合 土日祝日も可能、時間・回数制限なし 警察官の立ち会いなし
弁護士以外の場合 平日のみ、時間・回数制限あり 警察官の立ち会いあり
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017