京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 執行猶予にしてほしい

執行猶予にしてほしい

執行猶予となれば、有罪判決が下されたとしても刑務所に入らなくてもよいことになります。弁護活動を的確に行っていけば執行猶予を勝ち取ることができます。

執行猶予の条件

執行猶予となるためには、一定の条件が必要となります。法律上の要件を満たすだけではなく、裁判官に対して被告人は社会の中で更生できるということを訴えかけていかなければなりません。そのためには、親身になって弁護活動を行ってくれる弁護士を付けなければいけません。

執行猶予のメリット

執行猶予が付けば、刑務所に行く必要がなくなります。執行猶予とは、刑罰を受けるという有罪判決の効果を一時的にストップさせる制度で、その間、犯罪を犯すことなく普通の生活を送れば判決の効果は消滅することになります。

また、いままで公判中にも拘置所で身柄拘束を受けていた場合には、執行猶予の判決が下されると同時に、その場で釈放されることとなります。

弁護活動の必要性

執行猶予を勝ち取るためには、被告人に親身に寄り添う弁護士が必要となってきます。なぜなら、被告人は社会へ出てしっかりと更生していける、ということを裁判官へ伝えられなければいけないからです。

具体的には、①事件発生後に被害者と示談が成立している、②被告人の反省がある、③更生するために家族等から支援を受けている、④再犯の可能性がない、というようなことを弁護士が立証していくこととなります。

国選弁護は、普段から刑事事件を専門として行っていない弁護士が多いです。そのため、被告人の要望に沿った弁護活動を満足にできない可能性があります。

裁判官へ積極的にアピールすることにより、初めて執行猶予を勝ち取ることができます。そのためには、刑事弁護の経験が豊富で被告人と親身に寄り添える弁護士を探すことが大事になってきます。

前科 身体拘束
執行猶予付き つく されない(執行猶予期間中に問題がなければ解放されたまま)
執行猶予なし(実刑判決) つく 刑務所に入ることになる
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。