京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 少年事件

少年事件

少年・未成年者が逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。早期釈放や前科をつけないで解決するための弁護プランをご案内します。

少年事件の特殊性

少年事件とは、20歳に満たない者が犯罪を犯した場合の事件を指す。この場合には、通常の刑事事件とは扱いが異なってくるため、専門性の高い弁護士を選択する方がよいでしょう。

少年事件は、少年の社会更生を念頭に考えているため、通常の刑事事件とは性質が異なります。そのため、弁護活動を行うにあたっては、少年に寄り添って弁護することが大切となってきます。

大切なのは、①少年が当該問題となっている非行事件を実際に犯したかどうか、②少年が再度非行を起こさないような、身の回りの環境が整っているかどうか、という観点が重要となってきます。

以上のような、少年にとって有利な弁護活動を行うことにより下記で述べる、不処分の決定や、身柄の早期の解放を目指すこととなります。

少年事件を起こしてしまったら

少年事件を起こしてしまっても、少年院に必ずしも入るわけではありません。まず、少年事件を起こしてしまった場合には、警察の捜査ではなく、家庭裁判所にその判断が委ねられます。

そして、家庭裁判所では少年審判をして、その少年の処分が決定されます。まずは、処分が相当でないことを主張し少年審判が行われないように、少年にとって有利となる弁護活動をする必要があります。

たとえ、少年審判が開かれたとしても、不処分または、少年院送致以外の決定を下してもらえるようにしていくことが可能です。

逮捕されてしまったら

たとえ逮捕されてしまって、留置場や鑑別所に入ってしまったとしても、少年にとって有利となる弁護活動をすることにより、身柄の解放を実現することが可能となります。

留置場から解放するためには、検察の請求する勾留取り下げてもらうことになります。他方、鑑別所から解放するためには、裁判官の決定する観護措置取り下げてもらうことになります。

ただし、これらのケースで全て弁護士の要求通りとなるのは、実務上困難であります。

しかし、少年にとって特別な事情がある場合を主張することにより、実際に認められるケースも存在します。

具体的には、定期試験・入学試験を控えており、少年にとって今後の生活に大きな支障が生ずる場合などが、認められうるケースとして挙げられます。

近年の少年事件の動向

平成21年からは、年齢層の低い触法少年、年少少年の犯罪率が上昇している傾向にあります。

15歳までは義務教育の年齢ですので、家庭環境等、少年の生活環境を整えることが大切であるといえます。

触法少年 14歳未満
年少少年 14歳以上16歳未満
中間少年 16歳以上18歳未満
年長少年 18歳以上20歳未満
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017