京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 飲酒運転

飲酒運転

飲酒運転をして逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。早期釈放や前科をつけないで解決するための弁護プランをご案内します。

飲酒運転の種類

飲酒運転は昔に比べて格段に刑罰が重たくなっています。お酒を飲んでそのまま運転することは当然危険な行為ですし、社会的に見ても重大な事故は後を絶ちません。近時、法改正も行われているため、飲酒運転は刑法において注目されている犯罪の一つともいえるでしょう。

飲酒運転と一口に言っても、その種類は様々です。法律上は、酒気帯び運転、酒酔い運転又は危険運転に分類されています。

酒気帯び運転とは、血中のアルコール濃度が、1ミリリットル中0.3ミリグラム、または、呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールが検出される場合をさします。この場合、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金の刑に処せられます。

酒酔い運転とは、アルコールの量に関係なく、酒に酔った状態で正常な運転ができないおそれがある時とさします。この場合、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金の刑に処せられます。

そして、危険運転とは、アルコールを摂取した状態で、正常な運転が困難な状態で自動車を走行させた場合をさします。これにより人を死傷させた場合には、15年以下の懲役、若しくは、1年以上の有期懲役に科せられます。

酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
危険運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

弁護活動により留置場から出る

飲酒運転は刑罰が科されているので、こういった交通事故を起こしてしまえば、警察に逮捕されてしまう場合があります。

警察に逮捕される期間は最大で48時間です。そして、その後は検察官に送致され、それから最大24時間の拘束を受けます。さらに捜査が必要な場合には10日間の勾留請求がなされる場合があります。この勾留期間はさらに10日間延長される可能性があるため合計で最長23日間拘束される恐れがあります。

このような身柄拘束から解放されるためにも、早い段階で弁護士に相談し、身柄解放の弁護活動をする必要があります。具体的には、勾留されないように検察官や裁判官に働きかける必要があります。

また、早期に被害者と示談を締結することで不起訴処分を得られる可能性が高まります。加害者が被害者に直接接触して示談交渉を行うのは困難である場合が多いため、弁護士に依頼することで迅速かつスムーズな示談交渉が可能となります。

また示談の内容自体にも加害者を赦す旨の条項、今回の事故について今後民事訴訟で争わない旨の条項等、専門知識と経験が必要になる場面が多々ありますので、十分な内容の示談を締結し今後争いが蒸し返されることを防ぐという意味でも弁護士に依頼することは大きなメリットがあります。

起訴されたあとの弁護活動

たとえ検察官に起訴されてしまったとしても、その後の弁護活動で執行猶予付きの判決を獲得することが大切となってきます。そのためには、裁判官に積極的に被告人にとって有利な証拠を示していくという弁護活動が必要になります。

具体的には、被害者と示談をし、被害額を弁償することや、自動車を処分することなども視野にいれることが挙げられます。

また、酒気帯び運転、酒酔い運転の場合には略式手続に付される可能性があります。略式手続の場合には、没収等の手続をすることにより、刑の執行を猶予することができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。