京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 児童ポルノ

児童ポルノ

児童ポルノ関係で逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。被害者との示談や前科を付けずに事件を解決する弁護プランをご案内します。

児童ポルノに関して、どのような行為が犯罪になる?

児童ポルノとは、児童(18歳未満の人)について、性交や性器に触れる行為、衣服の一部を着けない姿でいる様子を写した写真や画像データのことをいいます。

児童ポルノは提供、製造、所持、陳列等が刑罰の対象になっています。

児童ポルノの刑の重さは?

児童ポルノは、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」で規制されます。行為態様や目的により、以下のように刑罰の重さが異なります。

【児童ポルノ禁止法違反の刑罰】
①提供
②提供目的での製造・所持・運搬など
③製造
3年以下の懲役または300万円以下の罰金
④陳列
⑤陳列目的での製造・所持・運搬など
⑥陳列目的で行った外国での輸出入
5年以下の懲役または500万円以下の罰金
⑦単純所持 1年以下の懲役または100万円以下の罰金

児童ポルノで示談するメリットは?

児童ポルノで逮捕されてしまっても、示談が成立することにより、不起訴になる場合があります。不起訴になれば、逮捕・勾留中でも直ちに釈放にされ、逮捕された後でも前科が付きません

示談が成立すれば、必ず不起訴になるというわけではありませんが、不起訴の可能性が高まるという意味で示談をするメリットがあるといえます。

児童ポルノ事件を弁護士に依頼するメリットは?

児童ポルノ事件を起こしてしまっても、警察が介入する前に事件を解決できれば、警察に逮捕されずにすみます。そのために、児童ポルノ事件に詳しい弁護士に弁護を依頼することで、穏便に事件を解決することができます。

また、児童ポルノ事件で逮捕されてしまった場合、複数の余罪を疑われたりすることで勾留期間が長くなることが多くあります。しかし、弁護士が活動することで余罪捜査の拡大を防いだり、再逮捕を防ぐことで、留置場での生活が短くなる場合があります。

また、被害者と示談が成立することにより、不起訴処分を得られ、前科が付かなくて済みます。被害者と加害者が直接交渉をすると、感情的になったりトラブルが起きたりすることがありますが、第三者の弁護士が間に入ることで、スムーズに示談を成立させることができます。

また、児童ポルノ事件を起こして刑事裁判になってしまっても、執行猶予付きの判決を得ることができれば、刑務所に行かずに普通の生活ができます。

そのためには刑事裁判において、「十分に反省していること」や「更生の意欲が顕著で、再犯の可能性がないこと」を証明し、裁判官に良い心証をもってもらうことが必要です。

自分の事件がどのような結果になる可能性が高いのかを知ることができることが、その後の対策を立てる上で重要になります。

【弁護士に依頼するメリット】
①警察介入前の解決で逮捕されずにすむ
②逮捕された後でも留置所での生活が短くなる
③不起訴処分を得ることで前科がつかずにすむ
④起訴されても執行猶予を得て刑務所に行かずにすむ
※ケースによるため必ずといった保障はできませんが、弁護士へ依頼することで上記メリットを得られる可能性が非常に高まります。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017