京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 仕事をクビになりたくない

仕事をクビになりたくない

逮捕されてしまうと、解雇されてしまうことがあり、たとえ冤罪等であっても単独で誤解を解くのは困難です。弁護士に依頼することでより確実に職場復帰が可能になります。

逮捕されてしまった場合の職場への対応

原則として逮捕されてしまった場合であっても警察がその旨を職場へ伝えることはありません。しかし、勾留されてしまうと長期にわたり身柄を拘束されてしまうこともあり、そのままではその間は無断欠勤扱いとなってしまいます。

したがって、このような場合には職場に欠勤事由を伝える必要が出てきます。その際に誤解を生まずに職場側の理解を得るために、また接見禁止処分により弁護士以外の人と連絡がとれなくなってしまったときのためにも、弁護士を依頼することが重要です。

弁護人には守秘義務があるため、ご依頼者様の利益をふまえて職場に対して柔軟に対応することができます。

職場への早期の復帰

職場に知られないために、また、長期欠勤のために解雇されないためにも1日でも早く身柄を解放されることは重要です。

そのため、アトムではご依頼者様のスムーズな職場復帰のために、特に留置所からの早期釈放に力をいれています。また、逮捕・勾留中も職場に対して適切な対応をとることで、解雇の阻止に努めます。

事件終了後の職場への対応

事件が冤罪等により不起訴処分で終了した場合であっても、ご依頼者様が単独で職場に説明するだけでは誤解を解くことは困難です。

そのためアトムでは、不起訴処分の場合は必ず検察官から「不起訴処分告知書」の交付を受け、書面とともに弁護人が職場へ説明するようにしています。

このような対応をとることでご依頼者様の円滑な職場復帰や、名誉回復が可能になります。

会社に対する早期対応の重要性

前述の通り欠勤が続くことだけでなく、マスコミにより事件のことが報道されること等でも職場に迷惑をかけたとして解雇されることがあります。

また、職場に事件のことを知られたくない場合でも、捜査の進展とともに捜査機関やマスコミを通じて職場に事件のことが伝わってしまう危険は高まっていきます。

したがって、仕事をクビにならないためには逮捕されたときはもちろん、自身が捜査対象になっている疑いがあるに過ぎない段階でも、早期に弁護人を依頼することが重要です。

職場対応 マスコミ対応
弁護士あり 適切に事情説明し職場に誤解を与えず解雇を防ぐ 早まった報道をしないよう働きかけ
弁護士なし 事情説明ができずに解雇されるおそれあり 実名報道のおそれあり
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017